ゴムタイムス70周年の画像

16年度建機需要予測(8月) 前年比7%減 2月予測を下方修正

2016年08月24日

ゴムタイムス社

 日本建設機械工業会の辻本雄一会長(日立建機社長)は8月24日、東京・大手町の経団連会館で記者会見を行い、2016年度と17年度の建設機械需要予測(出荷ベース)を発表した。

 16年度の建機出荷は前年比7%減の1兆8469億円で2年連続で減少するとの予測となった。国内では主力の油圧ショベルに加え、ミニショベルなどの小型クラスでも排ガス規制関連の反動減が予想され、輸出も北米向けの住宅建設関連以外は低調と見込まれるため。

 2月に発表した同2%減の1兆9568億円の予測を下方修正した。

 17年度については、輸出の

本文:約1108文字

写真・表・グラフあり

関連キーワード: ··