ゴムタイムス70周年の画像

宇部興産の4~6月期 円高や定修による販売減が響き減収減益

2016年08月02日

ゴムタイムス社

 宇部興産は7月29日、東京茅場町の鉄鋼会館で決算説明会を開催し、藤井正幸執行役員グループCFOが2017年第1四半期連結決算の説明を行った。

 売上高は1380億9000万円で前年同期比14・4%減、営業利益は16億2800万円で同83・0%減、経常利益は8億6100万円で同91・4%減、親会社株主に帰属する四半期純利益は1億7700万円で同97・2%減となった。

 第1四半期については、急激な円高やナイロン原料のカプロラクタムの市況低迷に加え、国内アンモニア工場の定期修理に伴うアンモニア製品の販売減少などが響き

全文:約1256文字

関連キーワード: ·