ゴムタイムス70周年の画像

日本グッドイヤー 「ベクター4シーズンズハイブリッド」発売 44サイズに拡充

2016年07月26日

ゴムタイムス社

 日本グッドイヤーは7月26日、日本市場向けオールシーズンタイヤ「ベクター4シーズンズ」のラインアップを大幅に拡大し、新たに「ベクター4シーズンズハイブリッド」として、8月1日より発売すると発表した。サイズは従来の23サイズから、44サイズに拡大する。また、従来の欧州からの輸入を国産に切り替え、住友ゴム工業が委託生産する。

Vector 4Seasons Hybrid

 オールシーズンタイヤは年間を通して季節・路面を選ばず、履き替えなしで走行可能な新しいジャンルのタイヤ。グッドイヤーは1977年、世界初のオールシーズンタイヤ「ティエンポ」の発売以来、その利便性・安全性・経済性に着目し40年間オールシーズンタイヤの開発を続けてきた。

 同タイヤは、四季折々で路面状況に変化が生じる日本特有の気候環境に適したオールシーズンタイヤで、日本市場向けにラインアップを強化することにより、新たなカーライフ・スタイルを提案する。

 安全性では、冬タイヤとしての性能を併せ持つ同タイヤは、予期せぬ突然の降雪時にも対応が可能。また、夏タイヤとしての性能を確保しており、年間を通じて安定した快適なドライブが可能となる。

IMG_1000

 利便性では、夏と冬の履き替えが不要でストレスフリー。また、季節ごとのタイヤの保管場所も不要となる。

 さらに、夏用と冬用のタイヤセットを持つ必要がなく、経済性にも優れている。

 従来品の23サイズから44サイズへ、対応サイズを大幅に拡大。軽自動車、コンパクトカー対応の13インチから、大型セダン・ミニバン対応の18インチまで、より多くのユーザーの要望に対応している。

 また、従来品は欧州グッドイヤーからの輸入品だったが、性能はそのままに「デリバリー性」を確保するため、今回は住友ゴム工業との供給契約の第1弾タイヤとして国内で初生産されることになった。

 同タイヤは、チェーン規制時でも走行可能な性能を備えており、日本での冬用タイヤの証である「SNOWマーク」を追加刻印。欧州での冬用タイヤの証である「スノーフレークマーク」も引き続き刻印している。

SNOW-MARK@

SNOW-MARK@

 同タイヤは「オールウエザーシリカコンパウンド」の採用により、全天候・多彩な路面コンディションにおいて優れたグリップ性能と操縦安定性を実現。Ⅴ字型の特徴的なグルーブ「Ⅴシェイプドトレッド」は、雪上やウェット路面での高い排水性とドライ路面での走行安定性に寄与する。さらに、剛性の高いブロック形状の「3Dワッフルブレード」により、あらゆる路面に密着してグリップ。偏摩耗の抑制にも寄与する。

 同社は今年2月に、福島県・裏磐梯のグランデコスノーリゾートで同タイヤの試乗会を実施した。

新製品を装着したプリウスで直線路とスラロームの組合せで構成された雪上周回路などを走行した

新製品を装着したプリウスで直線路とスラロームの組合せで構成された雪上周回路などを走行した

 試乗会前に行われた製品説明会では、開発背景や技術解説が行われた。

 同社では「欧州車から軽やコンパクトまで一気にサイズを拡大し、日本市場であらゆるユーザーに対応できる」とラインナップの多さを強調している。

 販売ターゲットには、シーズン毎の交換が面倒、タイヤの保管場所がない、スタッドレスの出費がかかるといったユーザーを想定している。

新製品を紹介するマーケティング本部中村裕氏

新製品を紹介するマーケティング本部中村裕氏

 前シーズンの冬は、ほぼ日本の全域で突然の雪による車両事故が多発した。同社では予期せぬ突然の降雪への備えとして、1年中オールシーズンタイヤを装着を勧めている。また、価格面でも「サマータイヤの部類では高い価格になるが、スタッドレスタイヤを4本買うよりかは安い」と、経済的なメリットもあることを強調した。

 オールシーズンタイヤは北米や欧州ではメジャーなタイヤ。雪の多い欧州のタイヤなので、アイス性能、雪上性能もしっかりしている。

直線走行時はもちろん、細かいカーブ、下りのカーブでも安定した走りを見せた

直線走行時はもちろん、細かいカーブ、下りのカーブでも安定した走りを見せた

 試乗会では、新製品をトヨタプリウスに装着して、直線路とスラロームの組合せで構成された雪上周回路などを走行した。

 直線走行時はもちろん、細かいカーブ、下りのカーブでも安定した走りを見せた。通常運転時では、スタッドレスかオールシーズンタイヤか判別がつかない程のグリップ性能を感じることができた。

 ただ、スピードを上げたコーナリングでは、滑り量が若干増えていくものの、危険を感じる程ではなかった。

 スノータイヤの保管が難しい都市部において、年に数回の降雪のためだけに、冬タイヤを交換するのは面倒だというユーザーには、オールシーズンタイヤの選択もあるのではないだろうか。