ゴムタイムス70周年の画像

独ランクセス 環境省の「ライトダウンキャンペーン」に参加

2016年06月17日

ゴムタイムス社


 独ランクセスは6月16日、環境保護と持続可能な社会的発展に取り組むグローバル企業として、環境省が実施する「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」に参加すると発表した。

 同社がこのキャンペーンに参加するのは、今年で3年連続となる。

 ライトダウンキャンペーンは、環境省が地球温暖化防止のため、ライトアップ施設や家庭の消灯を呼び掛ける取り組みで、2003年から毎年全国で実施している。今年は6月21日から7月7日までを啓発期間としている。

 また、6月21日(夏至の日)と7月7日(クールアース・デー)の夜間をライトダウンの特別実施日として設定し、夜8時から10時までの2時間、全国の主要なライトアップ施設や企業、各家庭の照明の一斉消灯を呼び掛け、参加施設数と削減消費電力量を集計する。

 ランクセスの日本法人では、一昨年から同キャンペーンに参加しており、昨年は東京オフィス・豊橋事業所・姫路事業所の国内全3拠点の一斉消灯により、1実施日あたり計42・20kWhの消費電力削減を実現した。

 今年は、特別実施日である6月21日と7月7日の夜8時から10時までの2時間、昨年同様に国内全3拠点で、オフィス照明の一斉消灯を実施する。この消灯による消費電力削減量は、1実施日あたり約39・22kWhとなる見込み。

 また、従業員やその家族にも自宅での消灯を呼び掛けていく。

関連キーワード: ·