【カーボンブラック特集】キャボットジャパン 各拠点で情報共有を強化

2016年06月20日

ゴムタイムス社

山梨展明キャボット社日本事業統括取締役

山梨展明キャボット社日本事業統括取締役

 キャボットジャパン㈱(東京都港区、ジェフ・チュウ社長)は、カーボンブラック世界1位のキャボットグループの一員として強い存在感を示し、ユーザーの様々なニーズに対して最適なソリューションを提供している。

 上半期(15年9月~16年3月)の需要動向について、山梨展明キャボット社日本事業統括取締役は原油価格の下落などにより、厳しい状況が続いたと振り返り「いかに製造コストを下げるかという課題に常に取り組んできたが、現在は一度絞った雑巾を更に絞るかのように全社一丸となってコスト削減に取り組んでいる」と述べた。

 今後の経営課題

本文:1054文字

【カーボンブラック特集】キャボットジャパン 各拠点で情報共有を強化

キーワード: ·