ゴムタイムス70周年の画像

住友ゴムが支援する室屋選手(チーム・ファルケン)が初優勝

2016年06月07日

ゴムタイムス社

 「空のF1」とも呼ばれる「レットブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ・チバ2016」が6月5日、幕張海浜公園で開催され、アジア人で唯一、同レースのマスタークラスに参戦する室屋義秀選手(チーム・ファルケン)が念願の初優勝を飾った。室屋選手は5日開催の決勝レースで、1回戦・2回戦を突破し、決勝ラウンドの「ファイナル 4」でも高い精度とスピードを誇るフライトを披露した。

ファルケンのロゴが入ったパイロンを通過する室屋選手の機体

ファルケンのロゴが入ったパイロンを通過する室屋選手の機体

 チバ大会は全8戦行われる第3戦目にあたり、国内では昨年に続いて2度目の開催となる。 

 住友ゴム工業は、室屋義秀選手と昨年から「チームファルケン」としてサポート契約を締結するとともに、チバ大会のオフィシャルパートナーとして、昨年に続いてファルケンブランドで協賛しており、会場内では、全世界で展開する高性能タイヤ「ファルケン」ブランドの特設ブースを出展した。

 レース直前、ファルケンブースで記者の質問に応じた、増田栄一ダンロップ執行役員タイヤ国内リプレイス営業本部長は

全文:約1006文字

関連キーワード: ··