ゴムタイムス70周年の画像

ニュースの焦点 自動車ゴム部品企業の生き残り戦略

2016年03月28日

ゴムタイムス社


 自動車メーカーが生産・開発や購買・調達のグローバル化を急速に進めている。このため、自動車用ゴム部品を供給するサプライヤーも、自動車メーカーのグローバル拠点に対し、均一な品質の部品を供給できる能力を持つことが求められるようになっている。

 従来は、自動車メーカーごとにメインサプライヤーの棲み分けがある程度なされていたが、近年は一部地域で、従来の構造とは関係なくサプライヤーが選ばれるケースが増えているそうだ。

 こうした自動車メーカー側の動向に伴う環境の変化に加え、欧米系サプライヤーを中心とする業界再編や買収による合従連衡なども起きており、自動車用ゴム部品企業のグローバル競争が加速している。

 自動車用ゴム部品のトップメーカーである住友理工は、

全文:約683文字