ゴムタイムス70周年の画像

BASF コーロンとPOM製造合弁会社を韓国に設立

2016年03月22日

ゴムタイムス社


 BASFは3月22日、同社と韓国のコーロン・プラスチックスが3月16日、韓国に折半出資の合弁会社「コーロン・BASF・innoPOM」を設立する契約を締結したと発表した。

 同合弁会社は、トランスポーテーション(自動車等の輸送関連産業)、建設、工業分野、消費材の市場で使用される、エンジニアリングプラスチックのポリオキシメチレン(POM)の製造に向けて設立されるもの。年間生産量は7万tになる見込みで、金泉(韓国)にあるコーロン・プラスチックスの、POMの製造が行われている既存施設内で開設される計画。全体としては世界最大のPOM製造コンプレックスとなり、2018年下半期の稼働を予定している。

 POMの製造において長年の経験を有する両社は、コーロンの効率性の高い製造技術を活用していく。

 なお、2018年下半期に韓国の新工場が始動する後、BASFはルートヴィッヒスハーフェンにおけるPOMの製造を中止する予定。

関連キーワード: ·