ゴムタイムス70周年の画像

独ランクセス 「ライト+ビルディング2016」に初出展

2016年03月10日

ゴムタイムス社


 独ランクセスは3月10日、フランクフルト・メッセで3月13日~18日に開催される国際照明・ビルオートメーション見本市「ライト+ビルディング2016」に初出展すると発表した。

 同社は、この見本市でLED(発光ダイオード)および他の照明用途向けの新しい熱可塑性樹脂材料の幅広いポートフォリオを紹介する。ハイパフォーマンスマテリアルズビジネスユニットの照明用途新規ビジネス開発マネジャーのトマス・マレク氏は「著しい成長を見せるLED市場は、ランクセス製品にとって絶好の機会となります。ランクセスの熱可塑性樹脂材料は多くの場合、金属や高価な高性能熱可塑性樹脂材料の代替品となります」と述べている。

 部品開発のあらゆる段階において、世界中のLEDと照明システムメーカーをサポートする、同社の包括的なHiAnt技術サービスは、同見本市におけるもう一つのハイライトとなる。マレク氏はさらに「私たちは、お客様の特殊なニーズに迅速に対応する技術とマーケティングの専門家で構成されたプロジェクトチームを設置しました」と述べている。