ゴムタイムス70周年の画像

原料メーカー11社の4~12月期 合成ゴム品種により明暗

2016年03月07日

ゴムタイムス社


 シリコーン、フッ素は堅調

 合成ゴム・化学メーカーの2016年3月期第3四半期決算から、合成ゴムとエラストマー事業の現況をピックアップした。各事業部の売上高にエラストマーの売上が含まれている。

 ◆JSR
 合成ゴムの販売については、国内タイヤ生産の低調等により販売数量が減少したことに加え、市況の低迷もあり売上高は減少した。
 利益は、販売量が減少した他、合成ゴム及びブタジエンの需給バランス悪化によるスプレッド縮小も継続し、前年同期を下回った。

 ◆日本ゼオン
 合成ゴム関連では、海外向けを中心に

全文:約1335文字

関連キーワード: ··