エラストマーセミナー・バナー

鈴鹿エンヂニヤリング 知財ビジネス評価書で融資契約締結

2016年01月29日

ゴムタイムス社


 鈴鹿エンヂニヤリングは11月2日、百五銀行との間に、「知財ビジネス評価書」を融資判断の材料とした融資契約を締結したと発表した。

 同社は、ゴム製造プロセス、特に混練工程向けの産業機械器具・システムを独自に開発・設計し、ゴム業界に広く提供している。知財戦略に基づきその過程において、ゴムやプラスチック等の高粘度混練材料を用いた密閉加圧混練機の関連技術を始めとする新規技術の特許取得を進めてきた。

 今回の同行との融資契約は、「知財ビジネス評価書」による同社の保有する特許の経済価値の評価を根拠にしたコミットメントライン契約で、資金調達手段を多様化して当社の財務基盤を強化するもの。また、同社の保有する知的財産の経済的側面に第三者の高い評価が与えられた結果であり、長年にわたり技術開発を進めてきた一つの成果といえる。

 同行は、特許庁が行う「知財ビジネス評価書作成支援」に参画し、中小企業の保有する知的財産権に着目した事業性評価を推進していて、今回の同社への融資は、同行における「知財ビジネス評価書」を活用した取組みの第1号案件となる。

 今後も同社は、新たな技術開発とそれを用いた製品・サービスの提供により、ゴム業界の発展に尽くしていくとしている。

鈴鹿エンヂニヤリング 知財ビジネス評価書で融資契約締結

ゴムデータブック2015

キーワード: ·