ゴムタイムス70周年の画像
見て触って理解する熱可塑性エラストマーのバナー

2016年 ゴムホース国内需要見通し

2016年01月15日

ゴムタイムス社


生産・出荷ともに微増
自動車用回復も建機など不調

 日本ゴムホース工業会によれば、2015年のゴムホース生産は年間で3万5142t(新ゴム量)、前年比1・3%減と当初予測を454t上回り、出荷金額も同1・7%減の1354億円になる見込みだ。

 主要な需要先である国内の自動車生産が一昨年7月以降継続して減少していることから、自動車用ホースがその影響を顕著に受けた。

 また、建設機械の需要減少により高圧用ホースの生産量も前年を大きく下回った。一方、その他ホースはプロジェクト向けが好調で前年を上回った。

 ◆輸出入
 15年の輸出入のうち、輸出は、全体の約

 

本文:1248文字

写真・表・グラフあり

関連キーワード: