ゴムタイムス70周年の画像

ニチリンの1~9月期 北米・アジア好調で増収増益

2015年11月11日

ゴムタイムス社


 ニチリンの15年12月期第3四半期連結決算は、売上高が376億6600万円で前年同期比7・5%増、営業利益は41億6100万円で同27・5%増、経常利益は41億7900万円で同22・5%増、四半期純利益は22億3800万円で同26・8%増となり、増収増益となった。

 国内自動車市場は消費税率引き上げによる販売台数の減少に歯止めがかかりつつあるものの、4月の軽自動車税増税の影響もあり、回復するまでには至っていない。この結果、1~9月期における国内四輪車販売台数は同9・5%減の390万台、四輪車輸出台数は同0・6%増の333万台、国内四輪車生産台数は同7・0%減の692万台となった。一方、国内乗用車メーカー8社の海外生産台数は、北米市場における好調さを背景に、同3・5%増の1305万台となった。

 セグメントごとに業績を見ると、日本では前年に消費税率引き上げ前の駆け込み需要があったことや、今年4月からは軽自動車税増税の影響もあり、前年同期に比べて国内販売では落ち込みが大きかった一方で、海外販売では円安の影響や4月からVW向け

本文:1055文字

関連キーワード: ·