ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック・粘/接着製品の寿命予測と劣化加速の設定手法のバナー

ニッタの4~9月期  利益は過去最高更新

2015年11月10日

ゴムタイムス社


  ニッタの2016年3月期中間連結決算は売上高が318億9700万円、前期比11%増、営業利益25億2300万円、同26・2%増、経常利益58億7900万円、同28・9%増の増収増益となり、半期の収益はいずれも過去最高となった。

 上半期の利益が上振れした要因は「生産性の改善による量産効果や為替の影響が大きい」(新田元庸社長)。
 売上高は「国内では自動車、工作機械、物流、海外では北米、中南米向けの自動車、アジア地区では金融機器向けが好調に推移した」としている。

 海外売上高比率は38%と前年同期で約8ポイント伸長した。

 セグメント別のベルト・ゴム製品事業の売上高は123億1900万円、同7・6%増、営業利益は11億9900万円

本文:565文字

写真・表・グラフあり

関連キーワード: