ゴムタイムス70周年の画像

ブリヂストン 北米での需要増に対応  米エイケン工場で乗用車・小型トラック用タイヤの生産能力をさらに増強

2011年09月22日

ゴムタイムス社


 ㈱ブリヂストン(荒川詔四社長)のグループ会社である、ブリヂストン アメリカス タイヤ オペレーションズ・エルエルシー(以下「BATO」)は、米サウスカロライナ州にあるエイケン工場の乗用車用ラジアルタイヤ(以下「PSR」)・小型トラック用ラジアルタイヤ(以下「LTR」)の生産能力をさらに増強すると22日発表した。

 総投資額は約2億1,100万USドル(約180億円)で、2015年第3四半期中に工場の生産能力を日産約8,000本増強し、日産約3万7,750本体制とする予定。
 エイケン工場は1998年に操業を開始した、主に北米向けPSR・LTRを生産する工場。BATOは2011年7月に同工場の生産能力を日産約4,750本増強することを発表し、2013年第1四半期までに完了する予定であるが、北米で堅調に伸長するPSR・LTRの需要に対応するためには、さらなる能力の増強が必要と判断し、今回の決定に至った。
 同社グループは、常に市場の需要動向に迅速に対応し、顧客により高品質な商品をタイムリーに提供できる生産体制を構築していく。
 <エイケン工場概要>
 1.所在地=サウスカロライナ州エイケン郡
 2.生産品目=乗用車用・小型トラック用ラジアルタイヤ
 3.建築面積=約16万7千㎡
 4.操業開始年月=1998年
 5.従業員数=約1,250人(2011年9月現在)
 6.生産能力=約2万5,000本/日(2011年9月現在)

関連キーワード: ·