ゴムタイムス70周年の画像
見て触って理解する熱可塑性エラストマーのバナー

ゴム相場マンスリー 先限は下値164円台で推移(15年9月)

2015年10月13日

ゴムタイムス社


 9月の東京ゴム相場の推移を見ると、当限の終値は月初の164円台を山に153円台を谷にして、ゆったりとしたジグザグを形成して下値をうかがいながら推移した。7月限は、シルバーウィーク明けの24日に、156円ちょうどをつけて納会を迎えた。

 先限の終値は、177円台を山に164円台を谷にして、やはりジグザグしながら下値をうかがう動きで推移した。終値の最高値は11日の177円80銭、同最安値は4日の164円10銭。

 25日発会の新甫16年3月限は、終値169円50銭からのスタート。翌日はやや上がったものの、月末に向けて下降し、165円10銭をつけて大引けを迎えた。

 東京ゴム相場は、上海株式相場発の世界同時株安の影響を受け、8月に大きく相場を下げた。9月に入ると、

(統計表2点あり)

本文:703文字

写真・表・グラフあり

関連キーワード: ·