ゴムタイムス70周年の画像

ゴム企業の2015年営業利益ランキング

2015年10月15日

ゴムタイムス社


 ゴムタイムスは2015年のゴム企業の営業利益ランキング1位~23位を発表した。

 1位はNOKで670億8500万円の営業利益を計上、前期比105・9%増となった。2位の豊田合成は416億300万円で同5・0%減。

 3位はJSRで380億6800万円の同5・6%増。4位は日本ゼオンで282億4500円の5・5%減。5位は住友理工で104億9200万円を計上した。

 6位の三ツ星ベルトは71億3300万円、7位の鬼怒川ゴム工業は69億3000万円、8位のバンドー化学は47億9700万円、9位の西川ゴム工業は45億6800万円、10位のオカモトは45億6100万円。

 10位以下は、11位のニッタが38億7800万円、12位のフコクが34億5400万円、13位の日本バルカー工業が28億1400万円、14位のタイガースポリマーが26億6300万円、15位の藤倉ゴム工業が11億5000万円、16位の櫻護謨が9億5900万円、17位のアキレスが9億1300万円、18位のナンシンが7億5000万円、19位の相模ゴム工業が6億8800万円、20位の昭和ホールディングスが6億7400万円。

 21位の不二ラテックスが1億8000万円、22位の朝日ラバーが1億1400万円、23位の日東化工は9600万円の営業損失を計上している。

 

関連キーワード: ·