ゴム・プラスチック・粘/接着製品の寿命予測と劣化加速の設定手法のバナー

【CMB特集】シンコー 技術営業強化で需要取込む

2015年07月10日

ゴムタイムス社

  シンコー㈱(大阪府八尾市、金原良和社長)の14年度の精練事業の需要動向は1~3月の自動車関連における需要増加や少数人員稼働による経費コスト低減などにより増収増益となった。

 需要の割合は、汎用ゴムパウンドが7割、樹脂コンパウドが1・5割を占め、残る1.5割にはフッ素・シリコンゴム、カラーゴム、特殊ゴムなどが含まれている。メインとなる汎用ゴム

 

 

本文:1023文字

【CMB特集】シンコー 技術営業強化で需要取込む

キーワード: ·