ゴムタイムス70周年の画像

コンチネンタル タイヤ向け研究施設を中国に開設

2015年05月27日

ゴムタイムス社

 コンチネンタルは5月27日、中国・合肥市にある同社タイヤ工場の敷地内にタイヤ向けの研究開発(R&D)センターを開設したと発表した。

 敷地面積は約6000㎡、投資額は約400万ユーロ。年間で約6000回のタイヤテストが可能となっている。

 同社は第二期の計画も策定中で、タイヤテストの処理能力が1000回分向上する予定。

関連キーワード: ·