ゴムタイムス70周年の画像

ポバール興業の15年3月期 ベルト不振で減収減益

2015年05月14日

ゴムタイムス社


 ポバール興業の15年3月期連結決算は、売上高22億8000万円で前期比1・7%減、営業利益は2億900万円で同14・2%減、経常利益は2億5500万円で同9・7%減、当期純利益は1億9800万円で同7・3%減の減収減益となった。

 品目別では、ベルト関連の売上高は11億3100万円で同8・3%減。消費増税前の駆け込み需要による反動減が、当初の予定より長期化したことで売上が減少した。

 研磨関連の売上高は8億1000万円で同5・6%増。予定していた韓国メーカーへのサファイアガラス用研磨パッドの販売が行えなかったものの、アジアでの得意先の生産ライン増加に伴い、ガラス用研磨部材の販売が好調に推移した。

 その他の売上高は3億3800万円で同6・7%増。国内向けの家具・家電関係の不織布の販売が増加、タイ向けの不織布の販売も好調だった。

 16年3月期の連結業績予想については、売上高23億4000万円で同2・6%増、営業利益1億5400万円で同26・2%減、経常利益1億8000万円で同29・1%減、当期純利益1億4000万円で同29・3%減を見込んでいる。

関連キーワード: ·