ゴムタイムス70周年の画像

取材メモ 「空のF1」にファルケンが協賛

2015年04月27日

ゴムタイムス社


 住友ゴム工業は「レッドブル・エアレース ワールド チャンピオンシップ」にアジア人で唯一参戦する室屋義秀選手とサポート契約を締結した。

 エアレースは、世界トップクラスのパイロットたちがスピードと正確さを競う世界最速のレース。軽量で機動性に優れたレース用飛行機を使用し、地上25mに浮かぶパイロンで構成された空中コースを周回して、飛行タイムを競う。最高時速は370kmにのぼり、「空のF1」とも形容されている。

 2015年シーズンは世界7ヵ国で全8戦が予定されており、日本にも初上陸する。同社は千葉・幕張で5月16~17日に開催される第2戦のオフィシャルパートナーとして、ファルケンブランドで協賛する。

 室屋選手は09年からアジア人初のエアレーサーとして同大会に参加し、14年の大会では初の表彰台となる3位入賞も果たしている。

 今回、高い技術で世界を舞台に活躍し、実力が広く認められた室屋選手と、高性能タイヤで欧州・北米始め、世界展開するファルケンブランドのイメージが合致し、サポート契約を締結することが決定した。

 同社ダンロップタイヤ営業本部消費財部 宣伝・販促グループ中尾幸司課長は、

全文:約694文字

関連キーワード: ··