ゴムタイムス70周年の画像

日本ミシュラン サーキット用タイヤ2種を夏より発売

2015年03月27日

ゴムタイムス社

 日本ミシュランタイヤは3月27日、レースからサーキット走行まで楽しむことを目的に開発された公道走行可能なサーキット用タイヤ「ミシュラン パワー カップ エボ」と「ミシュラン パワー スーパースポーツ エボ」を2015年夏より順次発売すると発表した。

 発売サイズはフロントが120/70ZR17(58W)TLの1サイズ。リアが180/55ZR17(73W)TL、190/55ZR17(75W)TL、200/55ZR17(78W)TLの3サイズ。

 今回発売する「ミシュラン パワー カップ エボ」は、スーパースポーツ車両でのサーキット走行を主体にライディングを楽しむ人をターゲットとし、サーキット走行でのタイムアップを主眼に置いたタイヤ作りを目指し開発した。同社はその目標を達成するために、レーシングタイヤ「ミシュラン パワー スリック」をベースに使用し、高いサーキットパフォーマンスを持った製品開発を実現させた。

 「ミシュラン パワー スーパースポーツ エボ」は、スーパースポーツ車両をターゲットにサーキット走行での使用を念頭に置きつつ、一般公道の走行に必要な性能を犠牲にしないタイヤ作りを目指し開発した。新たにリアタイヤに投入されたACTテクノロジーや2CT+などの技術を用い、サーキットでの走行性能は勿論、寿命を犠牲にすることなくドライ、ウェット路面でのグリップ性能を高次元で両立した。