ゴムタイムス70周年の画像

ニュースの焦点 エアバッグ問題を他山の石に

2014年11月03日

ゴムタイムス社


 世界第2位のエアバッグメーカーであるタカタの製品不具合によるリコール問題は、依然として収まる気配はない。この問題の一因として、急速な海外進出が指摘されており、海外進出が続くゴム関連企業にとっても、この問題から学ぶことがあるかもしれない。

 このエアバッグのリコールが始まったのは2008年11月というから、すでに6年が経つ。しかし先日、米国運輸省道路交通安全局がエアバッグ部品の交換を促す声明を発表するなど、問題が収束する気配はない。

 何しろ、

全文:約707文字

関連キーワード: