ゴムタイムス70周年の画像

14年3月のゴム製品 出荷額が8ヵ月連続で増加

2014年05月20日

ゴムタイムス社

 経済産業省がまとめた2014年3月のゴム製品生産・出荷金額によると、出荷金額は2088億2600万円で同7・4%増。8ヵ月連続で伸びている。
 品目別で見ると、3月の生産および出荷金額では自動車用タイヤ、ゴムホース、工業用ゴム製品は生産、金額とも増加、ゴムベルトは生産は減少、金額は増加となっている。
 自動車用タイヤ、ゴムホース、工業用ゴム製品が好調だったのは、自動車の生産回復や、11年次排ガス規制の生産猶予期限終了に伴う旧型建設機械の需要増などがあったため。一方、ゴムベルトの不振は海外の資源開発国向けが減速し、在庫調整が行われたことが主な要因と見られる。
 自動車用タイヤは生産本数が1452万2000本で前年同月比0・9%増。内訳はトラック・バス用が98万4000本で同10・4%増、乗用車用が1088万7000本で同0・4%減、小型トラック用が214万8000本で同3・0%増、二輪自動車用が34万5000本で同2・7%増、特殊車両用が15万6814本で同10・4%増となり、乗用車用を除くすべてのタイヤで前年同月実績を上回った。出荷金額は1145億2500万円で同8・3%増と8ヵ月連続の増加。内訳は

本文:961文字

関連キーワード: