プラスチック材料の全体がわかるのバナー

タイヤ各社14年度モータースポーツ活動を発表

2014年05月12日

ゴムタイムス社

 タイヤメーカーは本年度もモータースポーツ(MS)のサポート活動を相次いで発表した。各社は過酷なレース経験で培う技術を蓄積し、安全・燃費性など市販用タイヤの性能向上にもつなげていく考え。また近年は、参加型モータースポーツへのサポート強化を図ることで、ファンのすそ野を広げる動きが目立ってきている。

◇ブリヂストン
 四輪カテゴリーでは、国内フォーミュラレースのトップカテゴリー「全日本選手権スーパーフォーミュラ」に、単独サプライヤーとして全11チーム(19台)にタイヤを供給する他、ツーリングカーレースの国内最高峰「SUPER GTシリーズ」に昨年同様、GT500クラス9チーム、GT300クラス2チームをサポートする。
 また、今年は参加型モータースポーツ「GAZOO Racing 86/BRZ Race」などに従来以上のサポートを行い、モータースポーツの楽しさを広く伝えていくとしている。
 二輪カテゴリーでは、「FIMロードレース世界選手権」シリーズでMotoGPクラスに公式サプライヤーとしてタイヤを供給するほか、全日本ロードレース選手権などにも参戦する。

◇住友ゴム工業
 ダンロップブランドで、国内の人気レース「SUPER GTシリーズ」に計2チーム3台にタイヤを供給する他、「全日本ジムカーナ選手権」、「全日本ダートトライアル選手権」、「全日本ラリー選手権」などの幅広いカテゴリーでタイヤを供給し、タイトル獲得を目指す。
 また、モータースポーツのすそ野を広げるべく、「フォーミュラ4」、「TRDラリーチャレンジ」などの入門レースにもタイヤ供給を行う。
 二輪カテゴリーでは

本文:1304文字