【合成ゴム特集】S―SBR 各社海外工場が始動、グローバル市場へ対応強化

2014年02月22日

ゴムタイムス社


 タイヤの燃費規制強化で低燃費タイヤ向けの合成ゴムとして今後の成長が期待される溶液重合型SBR(S―SBR)の各社(旭化成ケミカルズ,JSR、日本ゼオン、住友化学)海外新プラントが一斉にスタートラインに立った。
 各社ともに試運転を経て商業生産を開始しており、これに伴い販売競争も激化している。
 こうした中、

全文:約387文字

関連キーワード: