【ゴムロール特集】 宮川ローラー、印刷、フィルム分野に注力

2013年12月16日

ゴムタイムス社

提案型営業で売上高増に

 宮川ローラーの2013年上期業績は需要環境が厳しい中、独自の提案型営業による拡販策が寄与し、売上高は前年同期に対し増収となった。
 同社は、創業から一貫して技術開発型企業として今日に至っており、最新の技術と設備で高付加価値製品を市場に投入、市場で存在感のある企業となり着実な伸長を見せている。
 印刷用分野では、「GRANPUL®」が、UV・ハイブリット・LED印刷の需要に拡大。UVインキの洗浄液に対して優れた特性があり、幅広い分野で用いられている。(ビジネスフォーム印刷機、シール印刷機、金属印刷機、等)
 同社、新型グラビア圧胴ローラー「EXE」は、グラビア印刷で多用される溶剤に強く、これまでなしえなかった「帯電防止」と「高強度」を実現した新型ゴムローラー。
「ACT」は、反発弾性と強度・耐久性に優れ、傷が入りにくく、エッジ摩耗を抑え、紫外線やオゾンによる表面クラックや、ひび割れが起きないなどから、認知度も高まり、市場での評価も高く販売が順調に推移した。
 高機能フィルム分野ではゴム製の粘着ローラー「MIMOSA®シリーズ」に加え、帯電防止機能を付加した
「SAFETY ROLLERシリーズ」等の需要が拡大している。

全文:約673文字

関連キーワード: