ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー

早川ゴム 農業用水路用に脚光

2013年09月26日

ゴムタイムス社

[ad#ads]

震災で耐震性を証明

 1967年から止水・防水システムを手がけてきた早川ゴムは、画期的な止水材「スパンシール」や防水シート「サンタックIB」等を開発してきた。
 非加硫ブチルゴム系止水材であるスパンシールは、生コンクリートと化学反応を起こして一体化することで、高い止水性を実現。古くは、青函トンネルや多摩川トンネル、近年では東京スカイツリーなど、数多くの著名施設で使われている。
 同社のサンタック可とうジョイントは、このスパンシールを使用。新設のコンクリート構造物用では、スパンシールと鋼製枠材とを組み合わせることにより、高い変位吸収性と止水性を可能にした。
 製品は、伸びと沈下の要求数値により「HO―50」「HO―100」など4種類あり、それぞれ本体のゴム材質としてCR系・EPDM系の2種類を選ぶことができる。また、これら現場打ち施工用のほか、コンクリート二次製品(プレキャスト)向けの「HOP―50」もある。
 これまでに地下鉄の通路、東京・汐留のような地盤が比較的弱い地域、重要施設などで採用されている。

 

本文:約1080文字

写真・表・グラフあり

関連キーワード:

導電性カーボンブラック(ゴム・プラスチック用)の特徴と活用方法、トラブル対策のバナー
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー
見て触って理解する熱可塑性エラストマーのバナー