ゴムタイムス70周年の画像

東海ゴム 地域貢献活動を助成

2013年08月20日

ゴムタイムス社

 東海ゴム工業は8日、社会福祉や文化芸術などの地域貢献活動を支援するプログラム「TRI 夢・街・人づくり助成金 in 松阪・明和・多気・大台」の実施にあたり、地域貢献活動に取り組む市民団体を募集すると発表した。
 同プログラムは、松阪市市民活動センターと協働で2012年度にスタートし、今回で2回目になる。同社と同市民活動センターが、「障がい者福祉」「文化芸術振興」「青少年健全育成」「安心・安全な社会づくり」「環境との共生」の5分野について、地域に貢献できると審査した活動について、助成金を支給するもの。同様の活動は本社のある小牧地区でも2010年度より展開しており、同社グループ全体で社会貢献活動に積極的に取り組んでいる。
 応募対象は、松阪市と周辺3町(明和町・多気町・大台町)を拠点とする活動に限る。「夢づくりスタート部門」「街・人づくり部門」の2部門で審査し、それぞれ3団体、2団体を助成先に選ぶ。
 募集締切は8月31日、当日消印有効。応募方法は、所定の提出書類を、松阪市市民活動センターに直接持参するか郵送とのこと。助成金額は、「夢づくりスタート部門」が上限5万円(3団体)、「街・人づくり部門」が上限10万円(2団体)。決定時期は11月初旬の予定。
 同社は、同プログラムを通じて少しでも社会課題が解決され、また、誰もが住みたい街となるための支援について、地域と共生する企業として一緒に貢献していきたいとしている。

関連キーワード: