【TPE特集】 日本ゼオン C5石油樹脂事業を拡大

2013年06月05日

ゴムタイムス社

C5石油樹脂事業を拡大 タイ工場の生産能力が倍増

日本ゼオン

  • 住所: 東京都千代田区丸の内1-6-2新丸の内センタービル
  • TEL: (03)3216-1772
  • WEB http://www.zeon.co.jp/

 SIS「クインタック」を拡販へ
 独自の技術GPI法によってC5留分から得られる各種成分を原料として、スチレン系熱可塑性エラストマー「クインタック」(スチレンイソプレンブロックポリマー SIS)を事業展開している日本ゼオン(化成品事業部)。同社ではモノマーの抽出から自社技術で行う世界でも類をみないC5留分総合利用企業として、C5留分ビジネスをコア事業と位置付けており、化成品事業部ではこのほかC5留分から抽出された高純度の1・3―ペンタジエンを主原料に製造される石油樹脂「クイントン100シリーズ(脂肪族系炭化水素樹脂)」、C5留分から抽出された高純度のシクロペンタジエンを主原料に製造された石油樹脂「クイントン1000シリーズ(脂環族系炭化水素樹脂)」を製造販売している。
 同社のスチレン系熱可塑性エラストマー「クインタック」はポリスチレンーポリイソプレンのブロック構造を有する熱可塑性エラストマーで優れた粘・接着性能、優れた熱安定性を示す。粘着テープ類が85%、接着剤用途が15%という需要構成比。アジア地区を中心に輸出が拡大しており、輸出比率は8割を占める。

全文:約1529文字

関連キーワード: ··