【シリコーンゴム特集】旭化成ワッカーシリコーン 新技術 センター 自動車用のアジア拠点に

2013年05月13日

ゴムタイムス社


新技術 センター 自動車用のアジア拠点に 汎用ゴム「セヌジル」が堅調推移

旭化成ワッカーシリコーン

 旭化成ワッカーシリコーン㈱(二宮 聖社長)はつくば事業所(旧明野工場)およびドイツ・ワッカーケミー社からの輸入により、日本の各産業の製品にベストマッチする高品質な各種シリコーン製品を供給している。
つくば事業所ではHTV、LSR、RTV他各種シリコーン製品を生産。同社は産業別、用途別の特殊用途、新仕様のシリコーンの開発生産に意欲的に取り組んでおり、 エレクトロニクス、型取り、電力用のエラストマーや、自動車、電気電子用の熱硬化型液状シリコーンエラストマー、医療用のエラストマーなど豊富な品揃えで対応している。

全文:約1377文字