ゴムタイムス70周年の画像

ホッティーポリマー チューブ2製品を発売

2013年05月09日

ゴムタイムス社


 ホッティーポリマーは8日、「HOTTY 超極細LM―ETFEチューブ」「HOTTY ポリブタジエンチューブ」の2種類の製品の販売を開始したと発表した。
 「HOTTY 超極細LM―ETFEチューブ」は透明性、耐熱性に優れたフッ素樹脂チューブ。LM―ETFE(エチレン―テトラフルオロエチレン共重合体)樹脂は低融点や透明性など、従来のETFEにはない特性を備えた熱可塑性フッ素樹脂で、-200~180℃までの広い温度範囲での使用が可能。また、柔軟性、機械強度に優れている、可視域から紫外線まで高い透明性を有する、表明平滑性が高い、などの特長を有する。耐薬品性、電気的特性、難燃性にも優れ、従来のETFEの性能にプラスした特性を付与することができる。用途は医療関連、食品関連、電線関連、分析機器関連、理化学機器化関連、半導体関連など。
 一方、医療用塩化ビニール代替チューブ「HOTTY ポリブタジエンチューブ」はプラスチックとゴムの性質をもった熱可塑性エラストマーチューブ。比重が軽く、ゴムライクでかつノンスリップ性を有する。ガス透過性、透明性が良好で、柔軟性に優れており、また、結晶化樹脂のため、輸液用チューブとして使用する際にPVC製チューブと比較してチューブ内部への輸液の付着を軽減することができる。可塑剤を含まないため、幼児や妊婦用製品としての活用や、API(医薬品有効成分)を吸収しないことから医療用に適している。さらに、食品包装用途としては厚生省告示20号に適合し、環境性においては焼却処理した場合に、塩素ガスや窒素化合物等の有害ガスの発生がない。用途は医療用チューブ、食品搬送用ホース・チューブ、及び塩化ビニール代替品。