ゴムタイムス70周年の画像

東海ゴム インドでの供給体制を強化 自動車用防振ゴムを本格生産

2011年08月25日

ゴムタイムス社


 東海ゴム工業㈱(本社愛知県小牧市、西村義明社長)は、インドの現地子会社「Tokai Rubber Auto-Parts India Private Ltd.(略称TRIN)」がかねてから建設を進めていた自動車用防振ゴムの新工場がこのほど竣工、2012年1月より本格生産を開始すると8月25日発表した。
 東海ゴムは2005年に自動車用ホースを製造・販売する現地子会社「Tokai Imperial  Rubber India Private Ltd.」(略称TIR)を設立、また2008年に自動車用防振ゴムを製造・販売する現地子会社「TRIN」を設立し、2拠点体制でインドにおける自動車用品事業を展開してきた。
 TRINではこれまで、リース工場にて自動車用防振ゴムのアセンブリ生産(組立生産)を行ってきたが、市場拡大に伴う需要増に対応するため新工場の建設を進めていたもので、2011年8 月に完成し、2012 年1 月より本格生産を開始することになった。
 新工場では自動車用防振ゴムを生産、2015年度に売上高約7億ルピー(約12億円)を見込んでいる。敷地面積は約4万㎡、建屋約8000㎡。従業員約210名(2015年度)。これにより同社グループは自動車市場の拡大が期待できるインドで、自動車用防振ゴムの供給体制の拡充を図っていく。
 TRINの概要
 所在地 = インド カルナタカ州 ハロハリ工業団地フェーズⅡ 337(バンガロール中心部の南西約40Km)
 事業内容= 自動車用防振ゴムの製造・販売
 資本金=7億ルピー(約13億円)
 出資比率=東海ゴム100%
 代表者= 社長・林直樹
 設立=2008年5 月