【ゴムロール特集】 金陽社 「クーロン」シリーズに注力

2013年04月17日

ゴムタイムス社

「クーロン」シリーズに注力 巻き取りロール「スキンコア」も堅調

金陽社

  • 東京都品川区大崎 1-2-2アートヴィレッジ大崎セントラルタワー6階
  • TEL: 03-5745-6200
  • WEB: http://www.kinyo-j.co.jp/

 国内最大のゴムロールとゴムブランケットのトップメーカー金陽社(石井勲社長)は高付加価値製品の新規開発製品として「クーロン」シリーズにシリコーンゴム系「クーロンSW」を追加、帯電防止ロールの拡充を図っている。フィルム一次加工、グラビア印刷、製罐、繊維、合板などの分野で高い評価を得ている。フィルム巻き取りロールでは品質安定に寄与する「スキンコア」も堅調で、今後も「クーロン」「スキンコア」を重点的に拡販していくとしている。
 静電気発生抑制ゴムロール「クーロン」は静電気による異物混入が問題になっているライン、加工品質の厳しいライン、ロール寿命が問題となっている軟包装ラインで抜群の効果を発揮するゴムロール。製品エッジ部の復元効果、コンバーティング業界を中心に実績が多数ある。新しいラインナップとしてフタル酸フリー、耐オゾン性強化、静電気抑制機能強化、ノンブリード、砂入りなどを開発中。

 

全文:約1029文字