【ホース特集】 東拓工業 沖縄新工場が本格稼動

2013年03月06日

ゴムタイムス社


沖縄新工場が本格稼動 橋梁関連資材を生産販売

東拓工業

 東拓工業㈱は、橋梁関連資材の需要増大に対応し、新たに沖縄県に生産拠点を確保した。うるま市工業団地内に2800平方㍍の敷地の賃貸契約を行い、既存の工場建屋を活用して押出機など生産設備を導入した。本年2月より試運転を開始したが、順調な生産体制が構築できたことで2月28日、安全祈願を兼ねた開所式を行った。
 沖縄地域の橋梁関連資材の需要に対しては、同社は本州の工場から出荷して対応していたが、将来的に需要の増大が見込まれること、さらにはスピーディなデリバリーを実現するためには現地生産に踏み切ることが得策と判断、生産拠点の新設を決めた。
 橋梁関連資材としては、ポリエチレン製シースやトータク簡易排水装置、TACブリッジパイプなどがある。ポリエチレン製シースは、プレストレストコンクリート構造物のPC鋼材保護管(PC橋・PCタンク・他PC構造物)などに最適。トータク簡易排水装置は、橋梁

 

全文:約957文字