【ホース特集】 ニッタ システム提案を強化

2013年03月06日

ゴムタイムス社


システム提案を強化 インドでアセンブリも展開

ニッタ

 ニッタの13年3月期第3四半期連結決算は、売上高384億2900万円、前年同期比6・2%減の減収となり、収益面は営業利益11億3800万円、同26・9%減、経常利益40億6700万円、同12・6%減の減益となった。四半期純利益は32億1500万円で同15・9%減となった。
 同社グループの主要需要業界は、物流など一部の業界は堅調に推移したものの建設機械業界の減速や工作機械業界、半導体・液晶業界の低迷など、厳しい環境が続いた。
 この結果、通期のホース・チューブ事業の見通しについては、ホースは上期が2ケタ増となったものの下期は2ケタ減となり、チューブ類は一年を通じて低調に推移し2ケタ減を予想している。

 

 

 

全文:約922文字