【合成ゴム特集】宇部興産 マレーシアに新プラント建設へ

2013年02月20日

ゴムタイムス社


アジアでのBR需要増に対応 VCRなど特殊品に注力

宇部興産

 宇部興産はBR(ポリブタジエンゴム)事業で製品の差別化及び需要に応じた供給体制の確立を図るため日本、タイ、中国に次ぐ第4工場の建設検討を進めていたが、このほどマレーシアでの新プラント建設を正式決定した。新工場については今後のアジアでの高い成長を考慮して、原料ブタジエンが確保できるアジア地区に絞り、検討を重ねていたもの。
 同社は日本はじめアジア地区でのBRの長期的な需要増に対応、千葉工場でのBR生産能力の増強を進めてきたが、国内タイヤメーカーの生産拡大、低燃費タイヤ向けのBRでの拡販、MBR(メタロセン触媒BR)の本格稼働で生産余力がなくなることから、設備増強の第二段階として2013年末の完工を目指し、更に1万6千トン/年の能力増強を実施しており、2013年末には千葉工場の生産能力は年産12万6千トンまでに拡大されることになる。

 

全文:約1520文字