ゴムタイムス70周年の画像

十川ゴム  ラバーエキスパンションジョイント 「GE1タイプ」を追加

2012年12月03日

ゴムタイムス社

    ㈱十川ゴム( 十川利男社長)は多様な用途に対応するゴムホースをはじめ、樹脂ホース、ゴムシートなどの各種製品をラインナップしているが、このほどあらゆる配管の伸縮と振動を吸収するラバーエキスパンションジョイントの標準品に新たに「ラバーエキスパンションジョイント GE1タイプ」を追加、本格販売を開始した。

 新たに開発した「ラバーエキスパンションジョイント GE1タイプ」は内外面のゴム層にEPDM(CR、NBRも製造可能)、補強層、胴部補強層に合成繊維・鋼線を採用、フランジはSS溶融亜鉛メッキとなっており、サイズは50A~350A、内面ゴム材質の最高使用圧力(Mpa)1・0、使用温度範囲は-10℃~+60℃ 。 内面ゴム材質がNBRの場合、外面ゴム材質はCRとなる。
 「GE1タイプ」は柔軟性に優れており、軸方向の変形はもちろん、金属製のジョイントには不可能な横方向にも変形が可能なほか、復元性に富み、繰返し変位に対して高度の耐久性を持っているのが特長。最高の柔軟性・復元性を備えており、振動・騒音を大きく低減するほか、軸方向の反力が小さいため、配管への取付けが特に簡単ーなどの特長を備えており、ポンプ・ブロア配管、下水処理プラント、一般工場設備配管などに最適としている。

ラバーエキスパンションGE1

ラバーエキスパンションGE1