ゴムタイムス70周年の画像

専門展示会相次いで開催 ゴム関連企業が出展

2012年11月19日

ゴムタイムス社

ハイウェイテクノフェア2012
東拓工業
 東拓工業は橋梁遊間部の簡易排水工法「トータク簡易排水装置」を出品した。
同装置は橋梁の継目からの漏水を簡易排水装置で集水し、フレキシブル排水管で排水することにより橋桁や支承などの鋼材が腐食しないように改善する装置。スライド機能で様々な桁間にフィットでき、橋下側から施行できるので工期短縮を実現するなどの特徴がある。
 その他にも、多条電線管の角型TACレックスやPC鋼材を腐食を保護する
ポリエチレン製シースなども施行事例を交えながら紹介した。

 川金コアテック
川金コアテックは小スペースに有効なコンパクトなゴム支承装置DRBなどを紹介した。同装置はウレタンゴム・ディスクベアリング構造を用いることで高面圧化を実現した画期的な支承。ウレタンゴムは高弾性に優れるためコンパクト化が可能で、支承の高さも低くできるなどの特徴がある。DRBのミニチアを展示した。
 また、高減哀系ゴムにスプリング拘束した鉛プラグを挿入した免震支承SPR―Sや粘性ダンパーなどを映像を使用してわかりやすく紹介した。
 その他、チェーン式落橋防止装置SPチェーンのミニチュアやスリット付鋼管の実物を展示し、性能をアピールした。

東洋ゴム工業
 トーヨーガードコーン超高輝度タイプを中心にトーヨーガードコーンシリーズを展示した。
 同製品はプリズムタイプの反射シートを採用し、視認性の悪い夜間や暗い場所での自動車の安全走行への注意喚起に効果が期待できるコーン。
 ブースではトンネル内での反射性能を映像を使用してアピールした。
 軽量でポールの交換が容易なガードコーンライトやガードコーン用文字表示版サインキャップなどもパネル使用して紹介した。

ものづくりNEXT2012
早川ゴム
 サンタック改修工法シリーズ(農業用)やサンタックINジョイントなどを実物と共に展示した。
 ブースでは用水路目地改修工法「サンタックIB―Mジョイント」の施工方法や自封トラップシートシステム「サンタックIB―M―HT」をパネルやミニチュアを展示して紹介した。
 自封トラップシートシステムは灌漑期は逆止弁の働きで水路内の水を封じ、非灌漑期には背面及び底面からの水圧により逆止弁口が開放され、水路内に水を排出するシステム。
 既設管きょを内面より耐震性管路に改修する止水可とう継手「サンタックINジョイント」は、地震や地盤変位により管に相対変位が生じても変位に追従し水密性を維持するのが特徴。取付手順や施工写真を大型パネルを使用してアピールした。

ジャパンホームショー

カナフレックス
 カナフレックスは天然石複合パネル「カナストーン」を展示紹介した。
 同製品は大理石や御影石などの天然石を薄切りにし、同社が独自に開発した強化パネルを裏打ちした天然石複合パネル。  天然石約52㎏以上が同製品では約19㎏という約3分の1の軽量化を実現。 施工性もよく、コストパフォーマンスにおいても本石施工と比較でコストダウンが期待できる。
 また、1mの高さから500gの鋼球を落下させる試験でも破損はなく、3mからの落下試験でも割れがないほどの耐衝撃性に優れている。
 ブース内では同製品を使用したキッチンや飾り棚などを展示し、高級感や優れた施工性などデザイン性が高い建築空間の床・壁に使用できることを紹介した。また、横1200ミリ縦2400ミリの大型パネルを壁面に設置し、加工性をアピールした。マンションのロビー壁面などの用途に採用が増えているという。