ゴムタイムス70周年の画像

アキレス 『大人の瞬足「絆」シリーズ』秋の運動会用モデルを発売

2012年09月06日

ゴムタイムス社

 アキレス(伊藤守社長)は5日、「総合ファミリースポーツブランド」を目指す「瞬足」から、保護者のための運動会限定モデル第二弾として『大人の瞬足「絆」シリーズ』秋の運動会用モデルを9月中旬より本格発売すると発表した。価格は5145円(税込)。

 販売は全国の靴専門店、有名ECサイトおよびアキレスショップ、アキレスWEBショップなどで行う。ターゲットは幼稚園児、保育園児、小学生の保護者。

 同ブランドは、「左右非対称ソールでコーナーを駆け抜ける」コンセプトが子どもたちに支持され、発売以来9年目を迎える。「あの時代に瞬足があれば……」「子どもと一緒に瞬足を履いて楽しみたい」という父母の声に応え、大人用モデル開発に着手した。「瞬足」の基本コンセプトである「左右非対称ソール」はそのままに、校庭・園庭など狭いグラウンド、きついトラックのコーナリングを想定して、大人の体重やスピードに対応する機能を搭載し、2012年春に第一弾モデルを発売した。
 今回の第二弾となる秋の運動会用モデルでは、父母共通のアッパーで全体的にクールでシンプルなデザインに仕上げた。また、暑さが残る秋の運動会を想定し、クールでドライな履き心地を追求したアキレスの涼感テクノロジー(ドライテック)も搭載。「お父さん用」の特製カートンには「見てろ、親父の底力」、「お母さん用」には「走るって、楽しいかも」の手書き文字を入れている。同社は、秋の運動会では「あの日を思い浮かべ、しっかりコーナーを回って」親子共々楽しい思い出を作ってほしいと述べている。

 同製品の主要機能は、インソールの表面に吸水、速乾性を持たせ、穴を設けたインソール、中底にもメッシュを使用するなどクールでドライな履き心地を実現した「DRYTEC(ドライテック)」、大きめの瞬足スパイクを多数配置し、一般ジョギングシューズと比較してグリップ性能が15%アップ(当社比)した、専用に開発された「左右非対称ソールユニット」、薄めのソールを採用し、ヒール面の高さを押さえ、安定性に配慮した低重心設計、走行に適した踵の丸みを再現した3Dラスト、立体形状のインソールで、踵のフィット感を高め安定した走行をアシストする「3Dインソール」。

 「お父さん用」は24・5~27・0、28・0cm(3E)のサイズを用意。SJA7010はシルバー、ブラック、SJA6150はブルー、オレンジのカラー。「お母さん用」は22・5~25・0cm(3E)、チャコールピンク、シルバーパープルのカラー。アッパー素材はメッシュ、合皮。ソール素材はEVA+ラバーを採用。

『大人の瞬足「絆」シリーズ』秋の運動会用モデル(左)お母さん用モデル(右)お父さん用モデル

『大人の瞬足「絆」シリーズ』秋の運動会用モデル(左)お母さん用モデル(右)お父さん用モデル

関連キーワード: ·