ゴムタイムス70周年の画像

横浜ゴム ベトナムでの生産販売拠点を統合

2012年09月04日

ゴムタイムス社

 横浜ゴムは4日、ベトナムでのタイヤ生産販売事業強化の一環として、合弁会社であるヨコハマタイヤ・ベトナム・カンパニー(YTVC)を清算し、横浜ゴム100%出資会社であるヨコハマタイヤ・ベトナム・インク(YTVI)に統合すると発表した。
 これに向け、YTVCの出資会社3社は8月から同社の清算作業に入ることで正式に合意した。

 YTVCは、1997年11月に横浜ゴム、現地有力タイヤメーカーであるカスミナ社、三菱商事の合弁会社として設立された。以来、二輪車用、軽トラック用バイアスタイヤの生産販売を続け、カスミナ社、三菱商事の協力・サポートにより、ベトナムにおいてヨコハマブランドの評価を高めてきた。
 一方YTVIは、ベトナムのタイヤ需要拡大に対応するため2006年6月に設立。ホーチミン市近郊のビンジュン省に混合から成形・加硫までを行う一貫生産工場を建設し、2008年2月からは二輪車用、軽トラック用、産業車両用バイアスタイヤ及びミニスペアタイヤを生産販売している。
 今回の統合によって、同社はベトナムでのタイヤ生産販売事業をさらに強化し市場プレゼンスの向上を図ると共に、YTVIを全世界にミニスペアタイヤを供給する拠点として整備・強化していく考え。なお同社では、YTVC清算後もカスミナ社、三菱商事両社と良好な関係を維持していく方針。