【ホース金具特集】ミトヨ 台湾製の輸入販売開始

2012年07月19日

ゴムタイムス社

台湾製の輸入販売開始 オールゲイン 下水管や配水管用途に期待

ミトヨ

 ㈱ミトヨは、米マリー社製のホース用クランプ「マリークランプ」の輸入販売を行っている。ホース・チューブとクランプをアセンブリーしてシステム化を図り、自動車や建設機械関連用途を中心に、様々な産業分野向けにセット販売を展開している。とくに自動車関連では高い実績を有している。
 マリー社の工業用ホースクランプは、自動車、海洋、飛行機、灌漑用の各需要家で好評を博している。優れた品質はユーザーからの厳しい要求を高いレベルでクリアし、強い信頼関係を構築している。ミトヨは「世界が認めた品質」を国内製品と同様に、必要な時に必要なだけ納品できる体制を整え、充実したサービスを展開している。
 主な製品は、汎用タイプのワームギアクランプとして「HF―ssシリーズ」「ミニクランプシリーズ」がある。これに対して特殊タイプは「ターボシールコンスタントテンションクランプ」および「デュアルビーズスーパーシーリングクランプ」があり、本年は特殊品タイプの拡販に意欲的だ。
 汎用品の販売展開については、台湾のオールゲイン社製品の「ワームドライブホースクランプ」の輸入販売を開始した。これまでのマリー社製の汎用タイプからの切り替えを進めていく計画。
 今後、期待する市場は、自動車・建機分野のほか下水管・配水管などの土木分野。昨年の東日本大地震の復旧需要にも対応する。
 拡販商品に位置づける「ターボシールコンスタントテンションクランプ」は、二重ビーズ、完全ライナー(30%シール性アップ)で、応力対応クランプ。ジャバラ状のスプリングバンドでバンド・ハウジングは耐熱処理を施している。ホースのクリープ現象を防止する。
 一方の「デュアルビーズスーパーシーリングクランプ」は従来品対比大幅にシール性がアップ、穴あき、エッヂの切れがない。

(2012年7月16日紙面掲載)

ターボシールコンスタントテンションクランプ

ターボシールコンスタントテンションクランプ