ゴムタイムス70周年の画像

第 16 回機械要素技術展等が開幕

2012年06月25日

ゴムタイムス社

  「第16回機械要素技術展」が6月20日から3日間東京ビックサイトで開催された。同展は軸受、ベアリング、ねじ、ばねなどの機械要素や、金属、樹脂に関する加工技術を一堂に集めた専門技術展。本紙関連ではベルトメーカーや工業品メーカー、加工メーカーなど多くの企業が出展した。また、医療機器の開発や製造するための技術を集めた専門展「医療機器開発・製造展」も開催され、両展とも多数の来場者が訪れた。

◆バンドー化学

 「環境・省エネ・クリーンに貢献」をキーワードに省エネ効果の高い製品をを紹介。特に高い伝動効率により大きな省エネ効果がある「平ベルト駆動システム(ハイパーフラッドシステム)」はVベルトではなく、平ベルトを使用することで高い伝動効率により大きな省エネ効果を追求した。
 アネスト岩田
 「省く」をコンセプトにエネルギー、場所、電気などを省く効果を発揮する製品を展示。装置組込用エアポンプ「FIT」はエア設備不要で販売機会を拡大し、配管レスでレイアウトが自由自在によりまた工場エアによる事前のトラブルも回避できる製品。

 ◆オイレス工業

 同社が主力とするオイレスベアリングをメインに出品した。また今回はベアリングを扱っている企業に同社の建築用や橋梁用の免震・制震の製品も認知してもらうブースづくりをした。

 ◆倉敷化工

 同社の自動車部品、産業機器、免震・制震製品等を展示。特に精密機器の部分的な共振をアクティブ制御により装置の共振を低減した「微振動用小型アクティブマスダンパー」をデモ実演をしながら披露。

 ◆司ゴム電材

 同社が扱うオーディオ・ゴムテクニカル㈱のスライス技術や藤倉ゴム工業㈱のカーボン製ドライブシャッフト等を紹介。カーボン製ドライブシャッフトは強度が従来の巻回方法と比較して約2倍以上向上した。

 ◆大野ゴム工業

 曲がり管のサーモプロテクションホース等を展示。同製品は発泡ゴム層一体の成型の曲がり管ホース。同製品の特長はユーザーの取り付け仕様に合わせた形状で受注ができ、ゴムの曲がり管なので折れ(キンク)の心配が不要になった点。

 ◆扶桑ゴム産業

 扶桑ゴム産業は、通常のツールでは削りにくいスポンジを複雑な形状に仕上げた製品などを参考展示して、切削による高精度、高品質の加工技術を訴求した。
 また、接着によって形にするのではなく、直接ゴムブロックから切り出して作成されたジャバラを実物展示した。同製品はボールねじの防塵ブーツなどの用途がある。その他、軟質シリコーンゴムのハニカム加工をパネル使用してアピールした。壁面には、同社が運営するゴム通信販売サイト「ゴム通」のカタログを展示し、多くの来場者に配布した。

◆高石工業

 高石工業は、主力製品であるゴムと金具の焼付け品やSpラバーをなどを中心に展示した。SPラバーは、ゴムに滑材を配合することで、自己潤滑性をもたせた同社独自のゴム材料。配合した滑材が表面ににじみ出てくることで、表面に滑らかな効果をもたらす。ブースでは、滑材を配合したリング状の同製品と配合していない製品をそれぞれ箱の中に多数入れ、手を入れた感触で滑り具合を確認できる展示もしていた。浄水器用カートリッジや消防車用バルブなどで採用されている。
 また、不凍水抜栓用バルブや消防車用バルブなどゴムと金具の焼付け品を多数展示。同製品はゴムと金属が完全に接着しているので、ゴム単体よりも強度が増し、耐久性も向上している。真鍮や鉄、青銅などとの接着実績がある。

 ◆ホッティーポリマー

 ホッティーポリマーは、第3回医療機器開発・製造展で、超極細ポリイミドチューブやPEEKチューブなど多様なニーズに対応する各種エンプラチューブやポリ乳酸を使用した特殊な軟質樹脂製品「Ecoフレキシール」などを展示した。
 チューブ製品は、様々なタイプの実物を展示した。また、英語カタログもiPADで用意した。 「Ecoフレキシール」はポリ乳酸を使用した軟質製品。非常に低硬度で環境に優しい製品であり、長さ方向には伸びないが柔軟性を有するという特有の性質がある。今回は動画と目地材として使用されている製品を展示した。 その他、電磁波シールド材やゲルガスケットや特殊滑性樹脂を薄膜で同時成形したスベアップの実物、改良されたエコトリムなども紹介した。

 ◆日本バルカー工業

 日本バルカー工業は米国の高機能樹脂メーカー、ZEUS社と共同出展した。1本のチューブに複数の穴が通っている多孔チューブや医療機器の用途に多く使われるフッ素樹脂チューブ、PEEKチューブ、熱収縮チューブ、生体吸収性ポリマーなどを展示紹介した。熱収縮チューブは材質、サイズ、収縮率など幅広いラインアップを紹介し、極薄、極細、色、異形などの特殊チューブも出品した。また、PTFEを電解紡糸技術によりナノ繊維化した世界で始めて工業化したPTFEナノファイバー不織布なども紹介した。