【ゴム・ビニール手袋特集】 ショーワグローブ 新商品を相次ぎ発売 マレーシアに販売拠点設立

2012年06月07日

ゴムタイムス社

新商品を相次ぎ発売 マレーシアに販売拠点設立

ショーワグローブ

 手袋業界のリーディングカンパニー、ショーワグローブ(兵庫県姫路市)はアジア地域での需要拡大に対応、本年4月1日付でアジア全域をカバーする販売拠点「SHOWA BEST GLOVE SDN.BHD.」をマレーシア・クアラルンプールに設立するなど、グローバル規模でのさらなる拡販を展開している。
 国内ではユーザーニーズに対応した家庭用手袋の新商品を相次ぎ発表しており、新規顧客の獲得に注力している。新商品としては、小さめサイズの家庭用手袋「ナイスハンドPETIT(プティ)」、塩化ビニール製使いきり手袋「キッチンでつかっ手 フィットタイプ」、天然ゴム製使いきり手袋「天然ゴム極薄手」、などがあり家庭用手袋のラインナップの拡充を図っている。
 小さめサイズの家庭用手袋「ナイスハンド(プティ)」はSサイズよりも少し小さめのXSサイズで手にフィットする、新サイズの家庭用手袋。使いきり手袋「天然ゴム極薄手」はポリエチレン製「ポリエチ手袋」、塩化ビニール製「ビニール極薄手」のシリーズ商品に新たなラインアップとして追加。
 一方、作業用では産業別、素材、機能別に幅広い品ぞろえで対応しているが、国内の労働安全対策の高まりに伴い需要が拡大している耐切創手袋のシリーズの拡大を図っている。また2011年に発売した薄くやわらかな使用感の天然ゴム製背抜き手袋「ライトグリップ」も運搬物流業・土木建築業向けに堅調な伸びをみせている。
 足元、家庭用手袋も安定成長をみせており、使い捨て手袋も店頭・業務用ともに伸びが高く、今期も海外市場含め増収を見込んでいる。(2012年6月4日紙面掲載)

2011年6月6日紙面掲載記事はこちら