ゴムタイムス70周年の画像

関西ゴム技術研修所 第50回卒業式を開催

2012年06月05日

ゴムタイムス社

 関西ゴム技術研修所(山口幸一所長)は5月31日、大阪科学技術センターの8階中ホールで第50回卒業式を開催した。
 卒業式開催前に、「技術開発を目指して」というテーマで三ツ星ベルトの垣内一社長が特別講演を行った。講演では三ツ星ベルトの沿革や概要を紹介。垣内社長は技術開発で必要なこととして「あらゆる事態に対処できる『仕組み』づくりとその『仕組み』をうまくマネージメントができるかにかかっている。また各メンバーが組織の目的と目標を達成するために自身の動機付けと強い意志が必要となる」と述べた。
 講演後、卒業式が開催。開会のあいさつに続き、第50回研修経過報告が行われた。次に山口所長が式辞で「最近グローバル化のなかで、実際に技術指導にあたる方や広い視野で捉えることができるリーダーが重要になってきます。皆さんがグローバル化のなかで活躍していただたくことを期待してます」と述べ、卒業証書が厳かに授与された。今回の卒業生は45名。約9ヵ月の期間、80日にわたる研修期間を終えた研修生に成績と受講状況により、特別賞10名、成績優秀賞34名、皆勤賞24名、精勤賞16名が選ばれた。
 卒業式終了後に記念パーティを開催。卒業生一人ひとりが今後の抱負を述べた。

 第50回の卒業生は以下の通り。敬称略。
▽山本晃大(山本化学工業)▽辻誠治(シード)▽谷佳寿彦(JASI)▽川口智宏(トーシンケミテック)▽筒井伸治(マルニ工業)▽竹村優一(白石中央研究所)▽倉田誠一(三和化工)▽藤原理(トーステ)▽鈴木将史(三ツ星ベルト)▽加古篤史、日髙剛(カンセンエキスパンダー工業)▽谷屋浩之、長尾あゆ美(ニッタ)▽越智亮(ケイ・エス通商)▽河内俊樹(宝永ゴム)▽増田光浩(双龍産業)▽尾高大介(尾高ゴム工業)▽川橋達也、神辺直幸(ヘイシンテクノベルク)▽城戸進吾(十川ゴム)▽国本真幸、綱脇洋介、鶴見勇樹、大村悠祐(加貫ローラ製作所)▽土屋大樹(バンドー化学)▽中村邦彦、後藤芙美(タツタ電線)▽戸田清華(日本バルカー工業)▽落合康之、力岡健一(タガミシール工業)▽島田孝嗣(共和)▽大上竜雅(角一ゴム工業)▽鳳山豊(日成化学)▽田中泰隆(宇都宮製作)▽濱田和生、清水陽平(ジェイテクト)▽酒井万智(中西金属工業)▽田村晃嗣(住友ゴム工業)▽野村泰稔(城南化成)▽髙尾隆(ゲイツ・ユニッタ・アジア)▽植木満、高橋創太(フクナガエンジニアリング)▽屋久富士夫(髙石工業)▽湯川勝久(日本プロトン)▽岡本真和(白石カルシウム)