【ベルト特集】 ポバール興業 ブルー、グリーンを標準化

2012年05月24日

ゴムタイムス社


ブルー、グリーンを標準化 ホツレーヌ加工 食品用途に2商品を追加

ポバール興業

名古屋市中村区野田町中深30番地
TEL (052)411-1050
WEB http://www.poval.co.jp/

 ポバール興業㈱の販売構成はベルト製品(工業用樹脂ベルト)が6割程度、研磨具が4割程度。ベルト製品では樹脂ベルトを中心に、他のベルトメーカーが行わないニーズに合わせた特殊コンベヤベルトの販売を行なっている。標準品に2次加工を施したオリジナルな製品や特殊ベルトを製造販売し、顧客から高い信頼を得ている。
 前期(2011年3月期)の業況は、売上高は2ケタ増となったが、工業用搬送樹脂ベルトは微増にとどまった。
 「今年に入り、2月、3月、4月と徐々に需要は回復しているようだが、力強さは乏しいのが実情で、 第1四半期は上向きが予想されるが、第2四半期以降は不透明」(同社)と現況を分析する。
 こうした中で新年度は需要が底堅い食品分野向けに新商品2種を投入、積極販売する。新商品は、食品分野向けの「クリーンベルト」シリーズで「T1―T10/10H」と「T2―CSi」の2商品。
 「T1―T10/10H」は両面フッ素樹脂を採用し、130~140度まで充分使用可能な耐熱ベルト。従来はテフロンなどが採用されていたが、140度近くでの使用は困難であった。同社は耐熱性を高めるためフッ素を採用、しかも強固な接着を実現した。大手コンビニチェーンの弁当工場での高熱洗浄ラインで試験が行われ、作業性や抗菌性など優れた性能が評価され、採用が決まった。
 一方、クリーンベルト「T2―CSi」は高い剥離性を発揮、寿司やおにぎりなどご飯などの搬送に適しており、こちらもコンビに向け製品の工場での採用が期待されている。
 「ユーザーが求めるニーズに対して的確な対応で評価をいただき、オンリー・ワンの商品を提供していくことが当社の強みであると自負している」(同社)。
 同社の主力商品である「ホツレーヌ加工」は、食品搬送ベルトの最大の悩みとされていた耳(両端の繊維)ほつれを同社独自の技術、ウレタン溶着方式で解消したもの。ベルト両端耳部にウレタンシートを溶着することで繊維の露出をカバーし、ほつれによる異物混入を防ぎ、衛生管理面やベルト自体の耐久性も 大幅にアップする。表面カバーの無い帆布のみのベルトにも加工が可能。
 この「ホツレーヌ加工」はこれまで透明なウレタン樹脂を使っていたが、ユーザー要望もあり、一部ブ ルー、グリーンの2色を標準化した。
 海外事業展開は、タイ工場敷地内に不織布を生産する新工場を建設、今年2月に竣工式を行った。建物は2700平方㍍、現在、生産設備を導入しており、今夏には本格生産体制に移る。新工場では「ウレタンパッドTR」の生産も行う。
 「ウレタンパッドTR」は発泡倍率2~5倍のマイクロセルラーポリウレタンフォーム(熱可塑性エス テル系ウレタン)。機械的性質や化学的性質、クッション性、加工性に優れる。各種パッキン素材としてゴムパッキンからの代替需要に期待している。(2012年5月14日紙面掲載)