ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー

横浜ゴム 温室効果ガス排出量削減の新しい短期目標を策定

2010年08月26日

ゴムタイムス社


横浜ゴムは10年7月、温室効果ガス排出量の削減に関して10年度が従来目標の最終年度となることから新しい短期目標を策定した。

 新目標は「国内グループで08年度から12年度の5年間平均で基準年比12%削減」を掲げた。
 これまで「国内グループで10年度までに基準年比12%削減」を目標に取り組んできたが、今回は京都議定書に準じて単年目標を改正し、複数年目標とした。09年度は国内グループの温室効果ガス排出量を基準年比21・1%削減。これにより06年度から4年連続で京都議定書の日本目標をクリアした。従来目標の「10年度までに基準年比12%削減」は08年度に2年前倒しで達成している。「チャレンジ25キャンペーン」や退社時間に一斉消灯を行う「社内ブラックイルミネーション活動」にも積極的に取り組む。

関連キーワード:

導電性カーボンブラック(ゴム・プラスチック用)の特徴と活用方法、トラブル対策のバナー
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー
有機ゴム薬品と配合設計における入門講座のバナー

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー