ゴムタイムス70周年の画像

東海ゴム工業 自動車部品など好調

2010年08月17日

ゴムタイムス社


東海ゴム工業の第1四半期連結決算は、売上高644億9400万円、前年同期比46・5%増と大幅な増収となり、営業利益は34億8200万円、経常利益34億2300万円、四半期純利益24億9100万円と、収益はいずれも黒字化した。

〈自動車用品〉
自動車生産台数の大幅な増加により、自動車用防振ゴム・ホース、ウレタン内装品・制遮音材ともに増収。売上高は510億7200万円、営業利益26億4500万円となった。
〈一般産業用品〉
プリンター用機能部品など事務機器向け精密部品分野は、客先の在庫調整が一巡したことにより売上げが増加、産業用ゴム製品分野は低迷していた建設機械・工作機械向けなどの高圧ホースの売上げが増加した。一方、住宅用・ビル用制振装置や橋梁用ゴム支承は、需要低迷、設備投資の大幅な減少により、売上高は前年を下回った。この結果、売上高は155億400万円、営業利益8億3700万円となった。

関連キーワード: