ゴムタイムス70周年の画像

JATMA 上期の国内タイヤ販売本数実績

2011年08月01日

ゴムタイムス社

 日本自動車タイヤ協会(JATMA)はこのほど、本年上半期(1―6月)の新車用、市販用タイヤ販売本数実績をまとめたが、それによると3月に発生した東日本大震災の影響から新車用が3月以降落ち込み、累計で前年実績を大きく下回ったが、市販用については値上げに伴う駆け込み需要などもあり累計では2ケタ増となり、明暗がくっきりと表れた。
 震災の影響で自動車メーカーの国内自動車生産がストップするなど混乱を来たし、新車用は上期合計で1760万1000本、前年同期比71・2%とほぼ3割減となった。このうち4輪車合計は1664万6000本で同70・5%。
 建設車両用(3万3000本)、産業車両用(11万1000本)、農業機械用(29万9000本)は、いずれも前年同期実績を上回った。
 一方、市販用タイヤ販売実績は、年初は冬用タイヤ販売が好調を維持したこと、さらに4月から6月にかけて、国内タイヤメーカーが乗用車用などの値上げを実施したことで、これを踏まえて仮需が発生したこともプラス要因となった。この結果、上期累計では3241万5000本、同114.6%と高い伸びとなった。なお、4輪車合計の販売本数は3019万6000本で同115・3%。

関連キーワード: