ゴムタイムス70周年の画像

東海ゴム工業 インドネシアの樹脂ホース生産拠点で開所式

2012年04月17日

ゴムタイムス社

 東海ゴム工業㈱(本社:愛知県小牧市、西村義明代表取締役社長)は 4月12日(水)、インドネシアの樹脂ホースを製造・販売する現地子会社、PT.Tokai Rubber Auto Hose Indonesia(略称:TRHI)の工場で開所式を執り行った。 

 同社はインドネシアでの二輪車用樹脂ホースの生産態勢を構築するため、2011年8月にTRHIを設立し、2012年2月に量産を開始した。 式典では、二輪車・自動車メーカーや工業団地の関係者をはじめ、同社グループの幹部らが工場完成を祝した。同社の西村社長は「品質のよい製品をお客様にお届けすることで、インドネシアの自動車産業と地域社会の成長・繁栄に寄与したい」と挨拶。 
 二輪車市場で世界第3位のインドネシアは、二輪車向け部品の需要が増加基調にあるが、同社グループはインドネシアで、二輪車用樹脂ホースに加え、自動車用樹脂・ゴムホースの製造・販売も行う検討を進めており、成長市場での事業基盤をさらに強化していく方針。

<TRHI の概要> 
 所 在 地 = インドネシア 西ジャワ州ブカン県チカラン ジャバベカ工業団地
 事業内容 = 二輪車用・自動車用ホースの製造・販売
 設 立 =2011年 8月 
 資本金=450万 USドル(約4億円) 
 代表者=社長 長尾孝志 
 出資比率=東海ゴム工業 100% 
 従業員数=約90名(2015年度見込み) 
 工場面積=敷地 約 1、400㎡、建屋 約 1、100㎡ 
 売上高=約900億ルピア(約9億円、2015年度見込み)

TRHI の外観

TRHI の外観

 

開所式の記念撮影(左から4 人目が西村社長)

開所式の記念撮影(左から4 人目が西村社長)